• EC STORE
  • twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • お問い合わせ

発災から2年。森とデザインと。”ATSUMA 96% PROJECT” キックオフイベント開催

北海道厚真町の復興に関わるメンバーとともに “ATSUMA 96% PROJECT” 準備室(所在地:北海道勇払郡厚真町)を結成し、デザインブランド”96%”を立ち上げました。

北海道胆振東部地震から2年を迎える2020年9月6日、「発災から2年。森とデザインと。”ATSUMA 96% PROJECT” キックオフイベント」を、全国からの参加者と共にオンラインで開催します。※このイベントは終了しました。

チケットページURL:https://atsuma96.peatix.com
※申込締切:8月30日(日)

 

「”ATSUMA 96% PROJECT” 」とは

96%ブランドのビジョン

“ATSUMA 96% PROJECT” は、全国各地から厚真町に集ったメンバーと共に、森とデザインを軸にしたクリエイティブ・プロジェクト。2020年1月のプレイベント時に厚真町へ集結したメンバーを中心に、どのようなメッセージを世の中に伝えたいか、ブランドコンセプトの協議を続けてきました。その後、北海道、東京、熊本、ソウルのメンバーが集結し、プロトタイプとなる製品が誕生しつつあります。

 

“ATSUMA 96% PROJECT”準備室について

製材風景
2020年1月のプレイベントの様子

厚真町のメンバーを中心として結成されたクリエイティブ集団です。厚真町在住メンバーの他、dot button company、「価値の再定義」をコンセプトに、 木材を中心に素材・製法にこだわることなくプロダクトを製作するろくろ舎、熊本を拠点に”寄付するクリエイティブ・エージェンシー”として活動する一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOが参加しています。

 

ロゴデザインに込めた想い

ロゴデザイン
webサイトイメージ

9月6日を忘れない。
96%=単体では不完全なものだけど、誰かのちょっとの応援で100%になる。
そんなコンセプトを伺って、すぐに国際的に活躍されているソウルのアートディレクター・ハンさんに相談をしました。私たちは9と6と%の形が、円と直線というシンプルな図形で表現できると考え、言語に頼らない、ブランドコミュニケーションをめざしてデザインを考えました。

 

そして、被災材を表し、北海道の歴史を表し、災害の記憶を刻む「年輪」というモチーフを加えて、ブランドロゴが完成しました。 今後、厚真町から被災材プロダクトが誕生します。その未知のプロダクトの邪魔にならず、引き立てることができるようなロゴになることをめざしました。

 

​​「発災から2年。森とデザインと。”ATSUMA 96% PROJECT” キックオフイベント」について

第1号プロトタイプ ATSUMANAITA-mini

北海道胆振東部地震から2年を迎える2020年9月6日、育ててきたブランド”96%”のお披露目、また全国の方々と共にアイデア出ししていくキックオフをオンライン開催(zoom)します。96% PROJECTのプロトタイプ製品の手触りを確かめながら、感じながら、”これから”を共に作っていく。ぜひ、この時間を、皆様と共に迎えたいです。また、96%の最初のプロダクトを、イベント参加者の皆様へ事前にお届けします。

 

会  期: 2020年9月6 日(日)
時  間: 14:00〜17: 00 + 交流会
開場時間: 13:45
会  場: オンライン(ZOOM)
料  金: 無料
※先着96名様には厚真町と繋がる”厚まな板-mini”を事前にお送りします。8月30日(日)までに参加登録をお済ませください。
事前申込: チケットサイト( https://atsuma96.peatix.com )からお申し込みください。
申込締切: 2020年8月30日(日)
主  催: 北海道厚真町 “ATSUMA 96% PROJECT” 準備室