• EC STORE
  • twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • お問い合わせ

北海度・ニセコで一風変わった“三期目パーティー”を開催 三期目もよろしくお願いします

dot button companyは、2019年3月から三期目に入りました。2017年3月の設立以来、たくさんの方に支えられながら、さまざまなご縁でいただいたお仕事に携わっています。今回は、ひょんなことから開催することになった“三期目パーティー”の様子をお伝えします。


ありがたいお誘いをいただき、北海道・ニセコで三期目パーティーをすることに

三期目パーティーのきっかけをくれたのは、以前「北海道移住スナックイベント」にもゲストとして来てくれた、LANDRESS WEDDING代表の大江千紘さん。現在ウェディング事業で新たな北海道の価値を生み出し、コンセプチュアルウェディングを展開。世界各国のカップルを北海道に迎えています。

大江さんとは、今お仕事でご一緒させていただいているのですが、とあるイベントで大江さんと立ち話をしたときに「dot button companyの設立記念日が3月16日である」という話になり、「ニセコでパーティーをしましょうよ!」と言っていただき、盛り上がりました。

そして後日、あらためて「3月16日に、私のお客様でアメリカ人の方が結婚式を挙げられるのですが、その二次会で設立記念日を祝うパーティーを一緒にしませんか?海外では、結婚式のついでにさまざまなお祝いをする文化があるんです。」と、気を利かせてお誘いをしてくれたのです。

「知らない方の結婚式の二次会で、三期目パーティーをさせていただいてもいいのだろうか…?」と少し悩みましたが(笑)、大江さんから「新郎新婦さんも歓迎していますよ!」と後押しの言葉もいただき、「せっかく声を掛けてもらったし、何より楽しそうだから!」と、お願いすることに決めました。こうして、三期目パーティーは、社員旅行を兼ねて北海道のニセコ町で行うことになったのです。

集えばみんな友達、温かく迎えてくれたみなさまのおかげで楽しいパーティーに

当日は、結婚式の二次会と同じ空間かつ同時進行で、三期目パーティーを開催しました。

その様子は、日本の結婚式ではなかなか体験できないもの。不思議な感じがしましたが、新郎新婦さんや参列者の方が温かく迎えてくれたため、すぐに緊張は解けました。

三期目パーティーのセレモニーでは、「同じ空間にいる方たちみんなに楽しんでいただけるコンテンツを」との思いのもと、餅つきをおこないました。

新郎新婦や参列者の方にも餅をついていただいたり、出来上がった餅をみなさんに振る舞ったり。とても喜んでいただきました。

知らない人同士も、同じ場所に集うと和気あいあいと交流し、みんなが仲間になるようなあのパーティーの空間は、今思い出すだけでも不思議で、面白く、あたたかい気持ちになります。

みなさまに支えられての今、三期目もよろしくお願いします

dot button companyとしての二期目を振り返ってみると、初年度とは状況が変わってきて、大規模なプロジェクトの種から育てる期間になりました。その中で、クライアントの皆さま、協力パートナーとの強い結束力を感じながら取り組むことができました。また、今期も初年度同様に本当に多くの方々に支えられたように感じます。

三期目は、プロジェクトの種から育ててきたものが花を咲かす時期にあたります。今期は皆さまに、これまで創業から取り組んできたことを総括的に知っていただけることになると信じています。また、会社設立からさまざまな社会課題の解決に携わらせていただいて、色々な知見がストックされてきています。その知見を活かした新しいプロジェクトの芽を大切に育て、社会にとって必要とされる会社を目指し、成長できるよう、これまでより一層、頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。

つい先日、ある方から“dotをつなぐミツバチみたいだ”とお言葉をいただきました。

このフレーズがとても気に入っているので、これからもミツバチのようにdotを繋いでいけたらと、社員一同願っております。